暮らし・お金

【引越し難民】断られる?荷物がダンボール箱ならヤマト便が安くてオトク!【単身・ひとり暮らし】

引っ越しするならヤマト便!

引越しガチ勢ならお世話になるであろう「ヤマト便」。これで送ると1〜5万円を節約することができます

ヤマト運輸 – ヤマト便

特に1人暮らしや単身赴任の方にオススメです!
自分も転勤族だったのでよく使ってました

というわけで

  • ヤマト便と宅急便の違い
  • 送料の計算方法
  • 注意点
  • よくある勘違い

についてまとめました

またたび
またたび

ちょっと長いので目次からどうぞ!

1:ヤマト便とは?

ヤマト便とは、ヤマト運輸の配送サービスの一つ。
「160サイズ以上の大きな荷物」を送ることができます。

有名な「クロネコヤマトの宅急便♪」以外にもいろんな送り方があります。

  • 宅急便→ふつうのアレ
  • 宅急便コンパクト→60サイズ未満の荷物
  • クール便→冷凍冷蔵のものが送れる
  • ヤマト便→160サイズ以上の大きな荷物
  • らくらく家財便→大型家具
  • わたしの引越→引越し

めっちゃあるぅ!!

調べてみたら結構いろんなサービスやってました。配送ならまかせとけ感スゴイ

ちなみに「宅急便」という名称はヤマト運輸の登録商標です。

魔女の宅急便のキキはヤマト運輸だったのだ⁉(実際それ絡みで映画のスポンサーになったとか)

2:ヤマト便の集荷方法

宅急便と同じように電話で申し込みができます。

ヤマト運輸 – 電話で集荷

コールセンターにつながるので住所と電話番号を伝えましょう

3:宅急便との違い

宅急便との違いは「160サイズ以上の荷物が送れる」こと

ヤマト便の規定はこんな感じ

  • サイズ上限:たてよこ高さの合計が200cm以内
  • 重さ上限:30kg以下
  • 99箱まで同時発送可能

家電やタイヤなどの重くて大きな荷物でも「規定内」なら運んでもらえます。宅急便は3辺合計が160cm以内、かつ25kg以下までしか送れません

4:安さの理由と計算方法

ヤマト便が安いワケ、それは計算方法にあります。
送料の基準がまったく違うのです。

公式サイト:ヤマト便 料金表

宅急便が3辺の長さの合計であるのに対して、ヤマト便は容積重量で計算します。ザックリまとめると宅急便は「たし算」、ヤマト便は「かけ算」です

計算式はこんな感じ

  • 宅急便
    縦(cm) +横(cm) +高さ(cm)
    = 発送サイズ(cm)
  • ヤマト便
    縦(m) ×横(m) ×高さ(m) ×280
    = 容積重量(kg)

では実際に送料を計算してみましょう

例1:東京→大阪に段ボール箱10個を送る

  • 縦30cm、横40cm、高さ25cm、重量8kgのみかん箱
  • これを10個、東京から大阪まで発送する

=宅急便=
30cm +40cm +25cm = 95cm
100サイズ:関東〜関西 1個当たり1500円
1500円 ×10 – 複数口割引100円×9 = 14100円

=ヤマト便=
0.3m ×0.4m ×0.25m ×280 = 8.4kg
8.4kg ×10 = 84kg
100kg発送:東京23区〜大阪市 4852円

差額:-9248円

やっす!!!

なんと半額以下になりました

またたび
またたび

価格設定が崩壊しとる!!

引くほど安いですが実際こんな感じです

例2:東京都内の場合

じゃあ都道府県内ならどうでしょうか?

とりあえず東京都内を想定

  • 台東区→中野区
  • 段ボール箱10個を送る

計算してみましょう

宅急便
 100サイズ1390円 ×10 -複数割100円 ×9
 = 13000円

ヤマト便
 100kg(23区内)3312円

差額:-9102円


なんなんだこのチートは!!!
(頭おかしい)

補足:送り状(伝票)はどこでもらえる?

送り状は営業所でもらえます
もちろんタダです

「ヤマト便の送り状が欲しいんですけど…」

と言えばもらえます

1回で送り切れないこともあるので2-3枚もらっておくのおすすめ

5:ヤマト便を断られた時の話

ヤマト便は梱包必須です
包装が甘いと断られてしまいます

荷受けの条件はこんな感じ

  • ソファなどの家具:すべて覆われている
  • テレビなどの家電:箱などに詰められている

自分は1度、梱包不備を理由に断られたことがあります。以前の引越しでソファを送ろうとした時、引き取りを拒否されました。

理由は

「梱包が甘く、雨に濡れたり配送時に汚れてしまう」

というもの。しょうがないので100均で買ってきた梱包ラップでグルグル巻きにして再集荷。無事発送できましたが忙しいのに二度手間(泣)

発送には段ボール箱、プチプチなど、万全の梱包資材を用意して臨みましょう!

6:デメリットと注意点

その1:時間指定ができない

集荷、配送ともに時間指定ができません。

送料が激安なので仕方ないでしょう。格安で荷物を運んでもらっているので文句は言えません。「昼」「夕方」のようにザックリとした希望は聞いてもらえます

急ぎなら自分で営業所に持ち込むのがオススメ

また集荷や配送時にはドライバーの方が電話で連絡してくれますが、発送と受取の日は基本的に動けないと思った方がいいでしょう

その2:送料のカード決済ができない

送料のカード払いはできません。

そもそもヤマト運輸ではクレジットカード決済ができません。一応Suicaや電子マネーも対応しています

7:よくある勘違い

記事をまとめる際に少しググってみましたが勘違いされてる or 情報が古いものが散見されたので、実際のところをまとめておきます

その1:契約してないと使えない?

契約は必要なし

宅急便と同じように送り状を書いて発送するだけ。

ここで1つ注意点。

持ち込みはヤマトの営業所のみの対応となります。コンビニ、個人商店などでは持ち込み発送に対応していません。

ちなみに160サイズ以下でもヤマト便で発送できます
あんまりメリットないですけどね

マイナーな発送方法なので社員の方も知らない事が多いのか、公式サイトでも明言されています。

参考:ヤマト運輸 よくあるご質問(FAQ)

その2:着払いはできない?

着払いはできます。

宅急便と同じように発払い(元払い)と着払いに対応しています。
発送時に好きな方を選びましょう。

もちろん営業所止めもできます。

先に家具を運び入れたり掃除を済ませた後、自分で取りに行くというのもアリです。当たり前ですが保管期限があるので受け取りは早めに行きましょう

その3:引越し目的だと断られる?

いつも問題なく発送できてます

ただ繁忙期だと「嫌がられる」可能性はあります

他のブログで断られた!という内容の記事を見かけましたが自分は1度もないです。まぁ引越しを想定したサービスではないので、引越し目的で使われると利益が出ないのかもしれないですね

引越し用の「わたしの引越」というサービスもありますがダンボールだけならヤマト便の方が安いですし

冷蔵庫とか運ぶならアリ:ヤマト運輸 – わたしの引越

正直なところ荷物を送る目的なんてのは送り主の都合なので「引越し目的だから断る」というのも変な話じゃないかな?と思います

ルールを決めているのはヤマト運輸です。こちらが規定を守って利用する分には問題ないでしょう

その4:重量に上限がある?

重量制限はありません

知恵袋などで「発送の上限は180kg」という回答をちょくちょく見かけますが、重量に上限は無いようです。料金表の記載が180kgまでしかないので、そこから勘違いされたのかも?

実は上限がない 引用元:ヤマト便料金表

自分も以前は180kgまでしかできないと思い込んでましたし

2019年の時の引っ越しでは、ダンボール25箱、220kgで集荷してもらえました。

送料は4500円くらいだったかな?

180kg+40kgの分割発送になるかと思ってたので意外でした。あと重量に制限はありませんが箱数は99個という上限があります。どんだけ送るんだよ…

参考:個数制限はありますか? – ヤマト運輸 よくあるご質問(FAQ)

ただ30-40箱とかになってくると集荷自体を断られてしまうかも。そこら辺はヘビーユーザーじゃないのでわかりません

8:荷物がまとめきれない時は

ヤバイ!荷物が多すぎてダンボールに入りきらない!

そんな時は宅配買取がオススメです。

宅配買取:いーあきんど

本・CD・DVD・ゲーム・プラモ・フィギュア・ブランド品など、なんでも買い取ってくれます。しかも

  • 梱包材(宅配キット)
  • 査定時の送料(着払い)
  • 振込手数料

ぜんぶタダです。

段ボール箱も無料でもらえる

梱包用の段ボール箱を「宅配キット」(送料無料)として送ってくれるため、わざわざ用意しなくてもいいのは嬉しいですね。

ヤマト便は自分で梱包する必要があります。

手間や送料を考えると一度売ってしまって引っ越し先で買いなおした方が安くなることも。

ブックオフとかでよくセールやってますし宅配買取という選択肢はアリだと思います

またたび
またたび

ヤマト便は重いとコスパ悪いんだよねぇ..

まとめ:ヤマト便は最強

  • 生活用品、衣類 →ヤマト便で送る
  • 大型家電、家具 →自分で運ぶ or ほかの業者に頼む

ヤマト便をうまく使えば格安で引っ越しできます。浮いたお金を貯金するもよし、おいしいものを食べるもよし。家電や家具を買い替えるのもいいですね


以上、ヤマト便の解説でした!

タイトルとURLをコピーしました