ブログ運営

【初心者】ブログとプログラミング、どちらが稼げるのか?

ブログとプログラミングどちらが稼げる?

初心者の悩みあるあるですね。

答えは「どっちも稼げるけど比べても仕方ない」です。
その理由を今から解説していきます。

1:どちらを選ぶべきか

これから始める場合、

  • ゼロからやるならブログ
  • 経験があるならプログラミング

を選ぶといいでしょう。

ただよほどのスキルがない限りはブログを選んだ方が無難です。
ちなみに自分はブログにしました。

2:ゼロからやるならブログ

知識ゼロ!どっちもやったことがない!

という人はブログがおすすめです。

ブログのメリットは資格や技術が必要ないこと。コツコツ続けて記事を書き、文章力を上げていけば本業の収入を超えることもできます。

グーグルアドセンスなどの広告や、アフィリエイトの紹介料が主な収益になります。

=収益化の方法=

  • 広告収入
  • アフィリエイト

3:経験があるならプログラミング

C言語やJAVAなどのプログラミング経験があるならアプリ開発もいいでしょう。経験やスキルが必要な分、当たった時のリターンが大きいのがメリットです。

収益化の方法はブログと同様、アプリの使用中に出る広告がメインになります。ゲームならアイテム課金でさらに収益を増やす事もできます。

また便利なツールを作ってサブスクリプション、つまり定額制にするのもいいでしょう。月額1000円なら、1万人の利用者で月間売上1000万円です。これなら年商1億円も圏内に入ってきます。

例えばPhotoshopやIllustratorで有名なアドビなんかはこの方式を採用していますね。

=収益化の方法=

  • 広告収入
  • 課金
  • サブスク(定額制)

しかしソフトウェアの開発はかなり労力がかかるため、そこそこのレベルでない限りはブログから始めた方が無難です。ローコストで手間もかからず負担が小さいからです。

また自作アプリ制作で得たノウハウは仕事につなげることもできるため、学習効率としてのコスパはなかなか高め。現役システムエンジニアの方は挑戦してみるといいでしょう。


4:ポイントは「自動化」

どちらも「自動化」がポイントです。

ブログなら書いた記事
プログラミングなら作ったアプリ


自分が働かなくても収益を生み出す仕組みを作ることが大切です。いわゆる「不労所得」に近い感じですね。

会社員として働く場合

「労働時間=収入」

となりますが、ブログやアプリなら自分が寝ている時や別の仕事をしている時でもお金を稼いでくれます。結果として大きな収入を得ることができるのです。

ただブログにせよアプリにせよ、定期的なメンテナンスや管理が必要です。全く手間がかからないというわけにはいきません。

5:会社員として働くなら

もしそれぞれの作業を会社でやる場合はこうなります。

  • ブログ:ライター
  • プログラミング:プログラマー

もし上手くいかなくても、副業で頑張って身に着けたスキルでこれらの業界に転職することも出来ます。その時にブログの記事や作ったアプリを提出すれば採用に有利になるでしょう。

今のご時世、スキルや資格はいくらあっても困ることはありません。

6:どっちもダメなら動画投稿がいいかも?

ブログは作文が苦手で続かない!
プログラミング経験がない!


という場合、動画投稿はどうでしょうか?

広告収入がメインになるという点で同じですし「動画」というコンテンツはブログやアプリに比べて当たりやすいといわれています。

スマホやエントリークラスのデジカメで動画投稿にチャレンジするのもいいでしょう。

結論:どっちも稼げる

  • ブログ
  • プログラミング
  • 動画投稿

どのジャンルでも稼ごうと思えば稼ぐことができます。

とりあえずやってみる。
やってみてから考える。

それが成功への近道です。


【いらない】ブログにプログラミングスキルは必要ない

タイトルとURLをコピーしました